電話

old-167068_640.jpg
犬が吠えるのは、人間や他の犬だけではありません。
掃除機や車などの物に吠えるワンちゃんもいます。
電話や玄関のチャイム、目覚ましのベルの音に反応して吠える犬もいます。

 

 

音が怖い犬の場合

音に反応して吠えてしまうわんちゃんは、
何度も聞き慣れていても、その音がするたびに吠えてしまいます。

 

ですから「そのうち慣れて吠えなくなるだろう」
と放っておいても、吠えなくなることはありません。

 

音に慣れさせると同時に「この音は怖くないんだよ」
と教えてあげなければいけません。

 

まず、犬に電話の音を聞かせるために、
誰かに携帯電話などで家に電話してもらったり、子機の呼び出し音などを鳴らします。

 

ワンちゃんが吠え出したら、優しく頭を撫でてあげて
「大丈夫だよ」「怖くないんだよ」と教えてあげる。
吠えるのを止めたら「よくできたね」と褒めてある。

 

基本的なことは、他の無駄吠えトレーニングと同じです。
難しいことなんてする必要はありません。

 

1日や2日で治るものではありませんが、何日も続けているうちに
だんだんと吠えることが減っていきます。

 

 

嫉妬心が強い犬の場合

ilm21_aa17026-szzz.gif
犬が電話の音に向かって吠えるのには
もう一つ別の理由があります。

 

飼い主さんが電話に出ている間、犬は放ったらかしになります。
飼い主さんの意識が電話にとられるのが嫌で、
音が鳴る度に吠えだしてしまう。
そんな性格のワンちゃんもいます。

 

この場合、吠えだしたワンちゃんに声をかけたり、かまってしまったら
「吠えればかまってもらえる」と思ってしまいます。
音が怖くて吠えてしまうワンちゃんと同じことをしても、逆効果になってしまうのです。

 

こういった場合は、吠え出してもあまり相手をしてはいけません。
厳しく「ダメ」と叱るか、無視をするのが効果的です。
無視をしてもなかなか鳴き止まないときは、少し厳しく叱って静かにさせましょう。

 

自分のワンちゃんが、怖がっているのか?それとも嫉妬しているのか?
それを見分けるのは難しいと思うかもしれません。

 

でも、しっかりとワンちゃんを観察していれば、
今どんな感情の状態なのか、すぐに分かります。

 

怯えた様子で、遠くからワンワンと吠えるようであれば、怖がっている。
今にも受話器に飛びかかりそうに吠えている場合は嫉妬している。
といった、吠えるときの行動でも違いが出てきます。

 

ワンちゃんを見ているだけでも、
しっぽの振り方や耳の形、表情を見れば感情は読み取れるんですよ。

 

 

 

 

⇒ テレビ東京『TVチャンピオン子犬しつけ王選手権』連続優勝者の秘密のしつけ法