治す方法

tibet-92475_640.jpg
犬の無駄吠えを治すのに、叱ることはあまり効果的ではありません。
では、どんな方法で治すべきなのでしょうか?

 

一番大事なことは、愛情を持って犬と接することです。

 

犬の気持ちになって考えてあげれば、

どうしてワンちゃんが吠えるのか?
どうやれば吠えるのをやめるか?

自然と答えは出てくるはずです。

 

 

犬の気を散らそう

犬にとって、吠えるという行為は、ごく当たり前の行動です。
ちょっとしたことで、すぐに吠え始めてしまいます。
ですから、絶対に吠えないようにしつけることはほぼ不可能です。

 

人間だって「絶対に喋るな!」と命令されたら、とても苦しいですよね?

 

犬の無駄吠えを治すコツは、
ワンちゃんが自分から吠えるのを控えるようにすることです。

 

吠えるのを止める方法

まず、犬が吠え始めたら、それを止めなければいけません。
ここで「コラ」とか「ダメ」と叱るのもひとつの方法です。

 

しかし、吠えている場面によっては、
飼い主が声をかけることが逆効果になることもあります。

 

犬が吠えだしたら、何か別の、犬が注意を向けるような音を出してみましょう。
ジュースの空き缶やお鍋の蓋などを床に落としてみたり、
近くの壁をコンコンと叩いたり、いろいろな音を試してみましょう。

 

丸めた新聞紙や、スリッパなどで床を叩くのも効果的ですね。

 

pic1.gif

 

ワンちゃんがその音にびっくりして、吠えるのをやめたり、
「何の音だろう?」と考えて吠えるのをやめれば成功です。

 

「自分が吠えたら、何か嫌な音や不気味な音がした」
ワンちゃんがそう思うようになれば、自然と無駄に吠えることが減っていきます。

 

DVDもうまく活用

もし、もっといろいろなしつけ方法を知りたい場合やより効果的な方法を実践したい場合は、
専門のDVD マニュアルなどを利用するのもいいと思います。

 

いまは犬のしつけDVDもネット通販で、何点か取り扱いがありますし、
私も参考にしていたりします。

※ちなみに実際に見たDVDマニュアルで一番役に立ったのはコチラでした。

 あのTVチャンピオンの人が監修ですし、動画なのでとてもわかりやすかったです。

 ちょっとお高いですが、プロに頼むよりは安いですし、効果もあると思うので、

 ワンちゃんのしつけに悩んでいる場合はチェックしみてください。

endou-manual.png

 

 

褒めるタイミング

ワンちゃんが吠えるのをやめたら「よくできたね〜」と褒めてあげましょう。

ただし、犬が吠えるのを止めた直後に褒めてしまってはいけません。
吠えたすぐ後だと、犬は「自分が吠えたら褒められた」と勘違いしてしまいます。

 

褒めてあげるのは、吠えるのをやめてから、ひと呼吸かふた呼吸置いて、
少し落ち着いた後のタイミングにしましょう。

 

 

 

 

⇒ テレビ東京『TVチャンピオン子犬しつけ王選手権』連続優勝者の秘密のしつけ法