マナーを守る

road-sign-63983_640.jpg
犬も人間も、みんなが快適に、気持ちよく暮らしていくためには、
マナーを守って生活しなければいけません。

 

世の中には、犬が苦手な人もたくさんいます。
飼い主さんは「ちょっとくらい吠えてもだいじょうぶだろう」と思っていても
それがとても恐ろしく感じてしまう人もいます。

 

そういった人たちを不快にさせないためにも、
散歩時に他の人に吠えることは避けなければいけません。
自分たちだけでなく、相手の気持ちになって考えてあげるのがマナーです。

 

 

人に慣れさせる

ilm14_bc05015-szzz.gif
ワンちゃんが人に吠えないようにするためには、
普段からいろいろな人に触れ合って
人間に慣れておくことが必要です。

 

知り合いや友達、散歩中に出会った
他の飼い主さんなどに協力してもらって、
ワンちゃんの頭をなでてもらったり、
オヤツを与えてもらったりしましょう。

 

そのときは、飼い主さんも犬に優しく触れながら「大丈夫だよ」「楽しいね」
といった声をかけてあげましょう。

 

はじめて会う人がワンちゃんを撫でるときは、
いきなり頭の上から手を出さないようにしましょう。
「頭を叩かれるんじゃないか?」と警戒してしまうからです。

 

ワンちゃんは頭の上から手を出されるのがとても怖いのです。
ですから、最初はあごの下やほっぺたのあたりをゆっくりとなでてあげましょう。
後ろから手を出すのも危険ですから、避けてくださいね。

 

 

ちゃんと謝りましょう

もしも、外で他の人に吠えてしまった場合は、犬を叱るだけでなく、
吠えてしまった相手に、きちんと飼い主さんが謝ることも大事です。

 

 

「ごめんなさい」と飼い主さんがちゃんと言うことも、大事なマナーですね。
ちょっとしたことですが、それだけで相手の気持ちはとてもやわらぎます。

 

 

 

 



 

 

ハリウッド監督も認めた、体罰なしの愛情しつけ術

イヌバーシティ

 

イヌバーシティ