散歩時に気をつけること

dog-79195_640.jpg
散歩の時には、ワンちゃんの要求吠えにも気を付けなければいけません。

 

犬はとても社会的な動物です。
普段の生活習慣もきちんとしていますので、散歩や食事の時間は覚えてしまいます。

 

 

主導権を渡さない

散歩の時間を覚えると、本当はまだそれほど行きたくはないのに、
時間になると、ワンワンと吠えるようになってしまう犬もいます。

 

犬は、群れのリーダーになりたがる習性がありますから、
散歩なども、自分が主導権を握って出発したがるのです。

これを許してしまうと、毎日散歩の時間になる度に吠え出すだけでなく、
自分がリーダーになったと思って、飼い主を軽く見るようになります。
あまり言うことを聞かなくなってしまうのですね。

 

そうなってしまわないように、散歩の時間に犬が吠え出したら、
すぐに出かけるようなことはしないようにしましょう。

 

まずは、犬が吠えるのを止めて、5分くらい待ってから出発しましょう。
そうすることで「主導権は人間にあるんだよ」ということを教えてあげるのです。

 

 

スケジュール管理に気を付けよう

clock-95330_640.jpg
愛犬が決まった時間に
吠え出さないようにするには、
散歩などの時間を毎日少しずつずらして
出発することが効果的です。

 

犬にいつ出発できるか
分からない状態にしておけば、
「散歩の時間だよ」と吠え出すことも無くなります。

 

毎日同じ人が散歩に行くのではなく、家族で交代しながら行くのも効果的です。

 

こういったスケジュールの問題は、食事の時にも起こります。
ただ、人間にとっては毎日規則正しい生活をすることは重要ですね。

 

難しいことかもしれませんが、毎日少しずつ時間を変えたり、
家族みんなで協力し合って、上手にワンちゃんをしつけていきましょう。

 

 

 

 



 

 

ハリウッド監督も認めた、体罰なしの愛情しつけ術

イヌバーシティ

 

イヌバーシティ